【第7号】HEROCY PICKS

HEROCY PICKS
挑戦しない人は「結局、恥をかくのが恐いだけ」 サイバーエージェント藤田社長が失敗カンファレンスで語ったこと
失敗は成功のもと。失敗のリスクに果敢に挑戦してきた経営者3名―サイバーエージェント・藤田晋氏、オウケイウェイヴ・兼元謙任氏、ホッピービバレッジ・石渡美奈氏―が一堂に会し、「失敗力」をテーマに意見を交わしたセッション。一流の経営者らが、失敗から得た学びについて語りました。
なぜホリエモンは努力を隠すのか - 茂木 健一郎:世界一の発想法
著者 茂木 健一郎 撮影=宇佐美雅浩 ともすれば「傲慢」「不遜」と見られがちな堀江氏だが、その真の顔は……?ある人のイメージは、その実像から離れてしまうことが往々にしてある。特に世間に名の知られた、いわゆる「有名人」はそうである。私は、どんな方にも、先入観を持
『リクルートで学んだ10の教え』
【ご報告】1月末に10年勤めたリクルートを退職しました。在職中は、本当に多くの方と出逢い、泣き、笑い、10年前にリクルートに転職したときに期待していた以上の非…
効果バツグン!作業効率が劇的に上がった仕事術10選
仕事をもっと効率よくやりたい!ビジネスパーソンなら誰もが思うことですよね?   会社を立ち上げたばかりの僕にとって、当然まだ誰かを雇う余裕などありません。ゆえに会社といっても基本的には自分1
部下が疲へいするのは●●が原因だった!?属人的なタスクを減らす「仕組み化」のポイント - リクナビNEXTジャーナル
EXCERPT: うまくまわる「仕組み」と、そうでない「仕組み」とでは何が違うのか。ビジネスバンクグループ社が運営する「社長の学校」プレジデントアカデミーにて、日本全国の経営者向けに「経営の12分野」をレクチャーする黄塚 森(こうづか しん)氏に話を伺いました。
【社会人必見】仕事を最高に楽しむための、「10のマインドセット」
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。Vol.3では「キャリアを考える言葉」から、働...
『妖怪ウォッチ』の次の新プロジェクトが恐ろしい! 今度はNFCチップ搭載の玩具を買い漁ることになるのか | ガジェット通信 GetNews
『イナズマイレブン』や『妖怪ウォッチ』などヒットコンテンツを生み出してきたレベルファイブが、新たなクロスメディアプロジェクト『スナックワールド』を4月7日に発表した。完全新規タイトルとなる『スナック...
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-04-04/design-future/
日本に足りない 動いてから考える「デゥアー」人(写真=ロイター)
先日ある夕食会で、Thinker(シンカー)とDoer(デゥアー)の議論になった。Thinkerというのは、文字通り論理的な思考や分析が得意なタイプだ。色々な事業の将来性やリスクを分析して物事を進め
JRに対抗した小田急、激しすぎ(笑)藤沢駅の広告合戦が話題に
藤沢駅で巻き起こっている「JRと小田急」の広告合戦!特に小田急さん、激しすぎます(笑)
「週5日つかうユーザーが70~80%」DeNAのオタク選抜がつくったニュースアプリ「ハッカドール」が驚異的なアクティブ率を保てる理由。 | アプリマーケティング研究所
今回はアニメ・マンガなどの情報を届けてくれるニュースアプリ「ハッカドール」さんにお話を聞いてきました。なにげに「驚異のアクティブ率」が出ているアプリの裏側の仕組みとは? ※株式会社ディー・エヌ・エー ハッカドール プロデューサー 岩朝暁彦さん 「ハッカドール」が出来た経緯とユーザーデータ 「ハッカドール」はどのような経...
多様な人材で異なる能力をうまく組み合わせるべし
堀江貴文氏のゲームチェンジャー論「世界を変える人に共通点はない。ただダメなケースは決まってる」 - エンジニアtype | 転職@type
有史以来、人々は新しいテクノロジーの登場に心躍らせてきた。ただ、どんなに画期的な技術があっても、それだけでは世界を変わらないということも歴史が証明している。変化を生み出す人、「ゲームチェンジャー」が必要だからだ。堀江貴文氏に、そのゲームチェンジャーの思考術を聞いた。
クリエイティブなコンテンツを創るための「5つの融合」
NewsPicksは真の経済メディアになれるんですか? | サイボウズ式
サイボウズ式とNewsPicksがコラボレーションをして進めてきた「Hot Topics」では、ピッカーと一緒に考えるイベントを2015年3月23日に実施。ニューズピックスの梅田優佑社長、佐々木紀彦編…
【Vol.1】エリートとは、恵まれてしまったがゆえに、みんなのために貢献する人
「仮説」「根拠」「論」「理」。4つがそろっているか?
暗記中心の「勉強」は、もはや役に立たない。では、かわりに何を学べばいいのか? 世の中のさまざまな問題を学習する「よのなか科」の生みの親である藤原和博氏が、中高生とその親のために書き下ろした新刊、...
佐々木俊尚さんも参入!まだ「有料サロン」を体験していないメディア関係者は、感度低すぎると思う : まだ東京で消耗してるの?
えっ、有料サロンまだ入ってないの?「有料サロン」についてあらためて。けっこうビックリするんですが、まだ「有料サロン」のことを知らないメディア関係者、案外多いんですよね。ブログメディアを本格的に運営している人たちですら、「サロンって、オンラインで
NOW OR NEVER
Wave Your Mind.