資産運用の入門書籍『内藤忍の資産設計塾』

今週のおすすめ本は、シリーズ13万部超の資産づくりの教科書『内藤忍の資産設計塾』。

内容紹介

本書は、はじめての人であっても、投資を始める前の心構えから基本的な投資理論、商品の知識と上手な使い方、実際にポートフォリオを組んで運用する方法、さらに周辺の応用知識などを、順序立てて無理なく学べます。相場に一喜一憂せず、どんなマーケット環境であっても、長期で続けることで成果を出していける資産運用法が学べます。
今改訂では全体を見直し、最新情報と最新事例に差し替えたほか、第5章として「実物資産編」を新設し、不動産、ワイン、金など実物資産を組み入れた資産設計とポートフォリオ例などをくわしく解説しています。

出典:Amazon.co.jp: 内藤忍の資産設計塾【第4版】 (豊かな人生に必要なお金を手に入れる方法)

私が投資を始める時に、まず始めに読んだ1冊です。

投資の種類や方法などが章ごとに分けてわかりやすく書かれています。

これから投資を始めようと思っている人におすすめの1冊です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする