異食漫画?品切れ続出で話題に!『ダンジョン飯』

スポンサーリンク

概要

『ダンジョン飯』は九井諒子によるファンタジーグルメ漫画。既刊2巻(2015年8月現在)。

あらすじ

ある日、とある墓地の壁から地下へと延びる巨大な空洞が現れた。そこから現れた一人の朽ちかけた男は自分を一千年の昔に滅亡したはずの黄金の王国の王と名乗り、王国は魔術師によって地下に囚われ続けているため、元凶である魔術師を討伐した者には国の全てを与えると言い残し、その体を塵のように散らせて事切れた。その言葉に魅かれ、この突如現れた魔物がひしめくダンジョンを踏破しようと多くの冒険者が乗り込む時代が幕を開けた。
ライオス一行はダンジョンの深層にてレッドドラゴンに挑むも、空腹からチームプレイに乱れが生じ、レッドドラゴンからライオスをかばった妹のファリンが丸呑みにされ、彼女を除いた面々は脱出魔法によって辛くも迷宮から脱出することには成功するものの、装備品以外の所持金もアイテムも失ってしまう。金銭的な問題から仲間の2人は他に職を求め、残ったライオス・マルシル・チルチャックの3人はファリンが完全に消化される前に一刻も早く救出するためにダンジョンに戻ることにする。
しかし、金銭・食料・仲間などの不足はいかんともしがたく、ライオスはダンジョン内で食料を調達しながらの踏破と、その手段としてモンスター(魔物)を食べることを提案。 さっそく大サソリを捕まえて調理してみたが、食べられたものではなかった。そこへ魔物食の研究には一家言あるセンシが合流し、見事な手際で歩き茸・大サソリ・スライムを水炊きに調理し、ライオスたちの空腹を満たすのであった。
意気投合したライオスたちはレッドドラゴンを調理することを夢見るセンシをギルドに加え、襲い来る凶暴なモンスターを倒し、調理し、食べながらダンジョンを踏破することになる。

出典:ダンジョン飯 – Wikipedia

受賞歴

なし

感想

ファンタジー×グルメという異色のコラボ。

倒した魔物をおいしく調理しながらダンジョンを進んでいくという、今までにない斬新な物語の漫画です。

美味しそうと感じるかはあなたの感性次第?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする