ボードゲームがやりたくなる漫画!『放課後さいころ倶楽部』

スポンサーリンク

概要

『放課後さいころ倶楽部』は中道裕大によるアナログゲームを題材とした漫画。既刊5巻(2015年5月現在)。

あらすじ

放課後女子の、アナログゲーム物語!

春の京都―――――
見知らぬ街に引っ越してきた女子高生の綾。
彼女とはじめて友達になったのは、引っ込み思案な同級生の美姫。
ある日の放課後、委員長の翠の後をこっそりつけて綾たちが訪れたのは、アナログゲーム専門店、その名も「さいころ倶楽部」!!

思わずやってみたくなる、本場ドイツのボードゲームも満載!!
「楽しい」を探す少女たちと、心躍るゲームの世界へ!!

出典:Amazon.co.jp: 放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス): 中道 裕大: 本

受賞歴

なし

スポンサーリンク

シェアする

フォローする