新しいワクワクをつくる歯ブラシ『BYTAPS』を使ってみた!!

毎日、欠かさず使用する「歯ブラシ」。

愛用の種類があったり、お気に入りの色があったりする人も、きっといると思います。

そんな歯ブラシですが、1ヶ月も使用すればボロボロになって、交換の時期がやってきて、また新しい歯ブラシへ取り替えると思います。

そんな、いつかは交換されて捨てられる宿命にある歯ブラシに、風穴を開ける新しい歯ブラシが登場しました。

その名も『BYTAPS』。

[20151031]BYTAPS_012

カートリッジ式のブラシと、アルミ素材を削りだして作ったハンドル。

みなさん、ちょっと使ってみたくなりませんか?

この『BYTAPS』は、クラウドファンディングで知りました。

そして先日、このプロジェクトで支援したスターターボックスが届いたので、今、こんな風にレビューを書いているわけです。

スポンサーリンク

BYTAPS

まず開封の儀から。

梱包は白一色の箱の中央にブランド名称が描かれています。

[20151031]BYTAPS_001

開封。

右側にブラシカートリッジとハンドル、左側にメッセージカードが入っていました。

[20151031]BYTAPS_002

ブラシカートリッジとハンドル。

[20151031]BYTAPS_003

メッセージカード。

入れ方にこだわりが感じられます。

[20151031]BYTAPS_004

続いて個別に見ていきます。

ブラシカートリッジは個装されています。

[20151031]BYTAPS_006

アルミ素材を削りだして作ったハンドル。

底面には『BYTAPS』の文字が。

[20151031]BYTAPS_007

ブラシカートリッジの根元には雄ネジ、ハンドルの先端には雌ネジが切ってあり、この部分を回して嵌合することによって着脱する仕組みです。

[20151031]BYTAPS_009

ブラシカートリッジをハンドルに付けるとこんな感じ。

ちなみに、写真だとわかりづらいですが、ブラシカートリッジにも『BYTAPS』と刻印されています。

[20151031]BYTAPS_010

ブラシカートリッジをハンドルに付けた時の全体像。

ハンドルがアルミの削りだしだけあって、普通の歯ブラシと比べると重たいですが、手に馴染むちょうど良い重さです。

[20151031]BYTAPS_012

要望とか心配点とか

要望、改善点、心配点を挙げてみました。

気がついたら追加します。

1.名前入れサービスが欲しい

ずっと使用するハンドルには、やっぱり名前を入れたい。

一品もので、一生もの。

2.ハンドルやブラシのカラーバリエーションが欲しい

カップルや家族で使用するときに、同じ銀色のハンドルだと間違える可能性大。

アレンジして自分だけの歯ブラシを作りたい人もいるはず。

3.防錆性は大丈夫だよね?

開発・発売して間もない商品だけに経年変化が心配。

メーカー数値だけでは計れないものもあるんです。

4.このプロダクトの位置づけは?

個人的には、記念品とかのプレゼントとかに選ばれるようなものを目指した方が良いんじゃないかと。

理由は3つ。

1つめは、毎日使うってやっぱりインパクトが凄い。

1週間使ってみて再認識しました。

プレゼントポジションとしてちょうど良い。

実用性は抜群だし、ほどよい高級感もあるし、バリエーションが増えればオリジナリティも出せるからさらに良いよね。

歯ブラシのプレゼントって他にはないだろうし、値段的にもちょうど良いからうまくマーケティングすれば安定的に売れると思う。

え、どんなときに歯ブラシをプレゼントするかって?

それは今から作るんです。

2つめは、ブラシの消費が激しいから、一度ハンドルを買ってもらえれば、消耗品(カートリッジブラシ)で稼げる。

いくら良いものを作っても、売り上げと利益がないとダメ。

ブラシの交換は1ヶ月くらいの周期だと思うので、需要が安定していて生産計画も立てやすそう。

3つめは、今までカートリッジで交換できるタイプの高級歯ブラシがなかったから。

これは強みだと思うし、これだけの理由で買ってくれる人も多いはず。

まとめ

歯を磨くときにこれを見て、少しテンションが上がる自分がいます。

ワクワクというか、ドキドキというか、普通の歯ブラシにはない刺激が『BYTAPS』にはあります。

もちろん歯ブラシとしての性能もgood。

おそらく自分は一生この『BYTAPS』を使って歯を磨いていくでしょう。

もはやパートナーですね。

公式サイトは近日オープン予定。

気になった人はチェックしてみてください。

<2016/2/14追記>公式サイトオープンしたみたいです

BYTAPS

スポンサーリンク

シェアする

フォローする