池袋にできた泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYO』に行ってきた!!

先日、池袋にオープンしたばかりの泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYOに行ってきました!!

池袋駅西口から徒歩約2分。

とあるビルの7Fにあります。

[20151107]BOOK AND BED TOKYYO_001

エレベーターで7Fまで上がり、いざ泊まれる本屋へ!!

[20151107]BOOK AND BED TOKYYO_002

呼び鈴を押して、まずは受付を済ませます。

ガイドブックとキーカードを受け取りました。

バスタオルは有料なので持参をおすすめします。

その他のアメニティは受付時にもらえました(おそらく無料)。

[20151107]BOOK AND BED TOKYYO_009

いざ扉を開けて中へ…!

雰囲気はこんな感じです。

所々に穴が開いてますが、ここが今回泊まるBOOKSHELFタイプのお部屋。

今回はSTANDARDタイプに泊まりました。

[20151107]BOOK AND BED TOKYYO_003

部屋の中はこんな感じ。

照明、コンセント、ハンガーなど。

もちろん無料でWi-Fiも使えます。

本棚に部屋が埋め込まれている以外は、カプセルホテルと同じ感じです。

[20151107]BOOK AND BED TOKYYO_005

とりあえず、汗をかいていたのでシャワールームへ。

シャワー、トイレ、洗面所は男女共用と聞いていましたが……本当に共用でした(そのまんま)。

シャワールームは全3室ありましたが、どれも男女共用。

脱衣所+シャワールームで1室となっています。

1室くらい女性専用があっても良いのでは……。

他にもちょっといろいろ思ったりしましたが、ここには書かないことにしました(笑)

シャワー後はいざ読書へ!!

……『SLUMDUNK(スラムダンク)』を発見してしまいました。

[20151107]BOOK AND BED TOKYYO_007

実は一度もスラムダンクを読んだことがなかったんですよねー。

ちょうどよい機会だから読破しよう。

いま21時くらいだから朝になる前には読み終わるでしょ。

ということで、ソファーでグダグダ読み始めたのですが……。

……。

午前6時ちょっと前に読み終わりました……。

BOOKSHELFの中で3時間ほど仮眠をとって、朝シャワーへ。

女性の方たちが洗面所で支度をする中、その真後ろにあるシャワー室へ……気まずい。

シャワー後は優雅にコーヒーを飲みながら『AKIRA』の1巻を読みました。

ちなみに左側に見える青色のがソファーです。

座り心地、寝っころ心地は抜群。

[20151107]BOOK AND BED TOKYYO_004 [20151107]BOOK AND BED TOKYYO_008

そして11時ちょっと前にチェックアウト。

楽しい一夜でした。

スポンサーリンク

感想とか

置いてあった本は、本当にいろいろなジャンルがありました。

漫画だったり、小説だったり、写真集だったり、ポエムだったり、etc。

本当に『』が好きな人じゃないと、退屈してしまうかもしれませんね。

自分が好きなジャンルやタイプの本があるとは限らないので。

客層については、予想以上に若い女性客が多くてびっくりしました。

むしろ女性客のほうが多かった。

せっかくだから宿泊客の誰かに話しかけて仲良くなりたいなーと思っていましたが、結果的にはできませんでしたorz

代わりに、ビルを出たところで新聞記者に話しかけられました。

『BOOK AND BED TOKYO』の利用後の感想とかについてインタビューされました。

連日いろいろなメディアに取り上げられている通り、やっぱり注目度は高いんですね。

掲載されるかな?

掲載されたらみなさんにもぜひ教えたいと思います。

以上、泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYO』を利用した感想&レビューでした!

2015/12/06追記

インタビュー記事が掲載されました!

極上の「寝落ち」を約束します 「泊まれる本屋」が池袋にオープン!

BOOK AND BED TOKYO

BOOK AND BED TOKYO

スポンサーリンク

シェアする

フォローする