新社会人が賃貸物件を探すときに優先するべき3つのこと

Photo by 写真AC

2016年もあっという間に1週間が過ぎ去りました。

早いですね。


2016年4月に新社会人になる学生/生徒のみなさんの中には、そろそろ家探し(部屋探し)が始まる人も多いのではないでしょうか。

自身の経験を元に、家探しの際に優先するべきポイントを、厳選して3つ挙げてみました。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

新社会人が賃貸物件を探すときに優先するべき3つのこと

会社の近くにする

これ、非常に重要です。

おおよその会社は勤務時間が決まっています。

例えば、8時から17時まで、など。

そのとき、朝、家を出る時間は勤務開始時間から逆算できます。

「通勤に約1時間かかるなら、家を出るのは7時くらいで、そうすると起きるのは6時くらいかな」

では、帰宅時間は?

「勤務時間が17時までだから遅くても19時くらいかな」

……とか思った人は社会人なめすぎです。

え、なんでその時間に帰れると思ったの?

仕事が終わらなかったら帰れないよ?

22時に退社なんて、社会人になったら普通にあるし、むしろ22時が定時みたいな(経験談)。

22時に退社して、1時間通勤したら23時になります。

そしてあっという間に0時を超えます。

そして次の日は6時起床。

それを週5日、場合によってはそれ以上の日数を。

……考えただけで嫌になりませんか?

通勤時間は自分の力で変えることのできる(短縮できる)数少ない時間なのです。

時間はお金では買えませんが、通勤時間はお金で買えます。

会社の最寄駅の物件を探しましょう。

駅の近くにする

休日、出掛けようと思ったけど、駅まで徒歩20分かかる……億劫だな……。

そんな家は絶対に選んではいけません。

生活圏と人間関係が狭くなる一方です。

出掛けたいとき、気軽に電車に乗れる場所にするべきです。

休日は誰にも会わない、家でゲームや映画三昧な人は別かもしれませんが。

部屋が狭くても駅に近い物件を探しましょう。

その他の絶対に譲れない条件

その他の譲れない条件を、最初に決めておきます。

個人的には、

  • バス/トイレ別
  • エアコンあり
  • 室内洗濯機置き場あり

でしょうか。

角部屋とか2階以上とかは"絶対に譲れない条件"ではないので除外しています。

物件探しは条件で候補がかなり絞られてくるので、条件の優先順位をあらかじめ決めておくことは重要です。

絶対に譲れない条件、譲っても良い条件、あったら良い条件という風に分けて、優先順位付けをしておきましょう。

まとめ

「新社会人が賃貸物件を探すときに優先するべき3つのこと」を挙げてみました。

ぜひ、自分が社会人として働いているときの生活をイメージしながら探してみてください。

1秒でも多く寝たいのか、満員電車での通勤を耐えられるのか、など。

あなたにピッタリの物件が見つかると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする