暗闇の中でジャンプ

守るべきものがあると強くなるとか弱くなるとかいろいろあるけど、個人的には現状にある程度満足しているとそれらを失うリスクを冒して上を目指すのが怖くなる。

特に何らかのアクションを起こさないといけない場合、時間的な制約だったりお金的な制約で両立はとても難しいから、今あるものを犠牲にしないといけないわけで、それはもうとても勇気とか度胸とか覚悟といったものがいる。

「暗闇の中でジャンプ」。サイバーエージェントの藤田晋さんが何年か前にブログで書いて言葉。幻冬舎見城社長の著書、「編集者という病い」の中からもらった言葉らしい。

「生きることは暗闇の中でジャンプの連続です。(中略)世の中の目も厳しいこの時代にあって、怖いから、怪我したくないから、恥をかきたくないから、足がすくんで挑戦をしなくなったら、そこで終わりです。リスクを負わなければ、リターンが得られることもないのです。勇気をもって挑戦していこう。そんな意味を込めてこのスローガンにしました。」(暗闇の中でジャンプ|渋谷ではたらく社長のアメブロから引用)

とまぁ何が言いたいかというと、自分の人生って結構置きにいってる人生で、リスクとかほとんどとっていなかったわけで、そんな自分がとても嫌で、「今年から頑張ろう!」と、1月も終わりに近づいたころに思ったのでした。

ちゃんちゃん。