『続・父親としていかにいじめと向き合うか。』を読んで思ったこと

Photo by 写真AC

西村創一朗さんのnote『続・父親としていかにいじめと向き合うか。』を読んで思ったことを1000文字程度にまとめました。

私自身、小学生のころ”いじめ”にあっていて、親には大変な迷惑をかけました。

そのころのことを思い出して、親は子にいったいどう接したらいいのか、考えてみました。

スポンサーリンク

変えられるのは自分自身しかいない

西村さんも言っていますが、『他人は変えられない。変えられるのは自分だけ。です。

いじめてきた子供やその親に注意しても、彼ら彼女らが変わることはない。

これは大前提。

他人を変えようだなんて、そんなたいそうな努力するくらいなら、自分自身を変える努力をするべき。

変えられるのは自分自身だけです。

子供の意見を尊重する

いじめられている子供はデリケート。

頼れる人は親しかいない。

なのに、その親が子供を突き放すことがある。

いじめられたすぐ後に、嫌がる子供を無理やり学校へ行かせたり、親の考えを無理やり押し付けたり、そんなことをしたら子供は余計に傷ついてしまう。

親は子供と徹底してコミュニケーションをとるべき。

何があったのか話を聞く、これからどうしたいのか話を聞く。

必要に応じてアドバイスしてあげたり、支援してあげたりする。

学校に行きたくないと言うのであれば休めばいいし、教室に行きたくないなら保健室登校という手もある。

その原理原則に基づいて、ぼくが為すべきは「息子自身が変わるサポートをすること」だと思いました。

その夜、そして今朝にわたり長男とじっくり話し合いました。

引用元:続・父親としていかにいじめと向き合うか。 | 西村創一朗 | note

お金は重要

お金が全てではないですが、お金は重要です。

たいていのことがお金で何とかなる。

私の場合は、絶対に地元の中学校に行きたくなかったので、いわゆる”お受験”をしました。

当時の私は、地元の中学校に進学したら”死ぬ”と、本気で思っていました。

塾に通ったのは小学校6年生の時の約1年間だけでしたが、めでたく行きたかった志望校に合格して、無事私立中学校へ進学しましたが、そこからのお金のかかりようは我ながらすごかった……。

中学・高校・大学がすべて私立だったので、授業料だけで軽く見積もっても1000万円以上を親に払ってもらいました。

部活も運動部でがっつりやっていたので、+αの出費も少なくない。

いじめから逃げるための”お受験”だったけど、その”逃げる手段”でさえお金がなければ選択することができない。

いじめから逃げた後も、お金はかかり続ける。

まとめ

子供の味方は親だけ。

いじめに負けない自我(自身)をつけさせてあげるのが一番。

めざせ、いじめられても胸を張って生きれるかっこいい男を。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする