刺激を受けたら即行動

出典:http://www.photo-ac.com/
スポンサーリンク

刺激と行動

Facebookのタイムラインで、こんな記事が流れてきました。

よく本を読んだり、セミナーを受けたり、誰かの話を聞いたりして「刺激を受ける」ことってありますよね。

TwitterやFacebookでの誰かの投稿をみて刺激を受けることもあるし、実際に「刺激を受けましたー!」みたいなコメントは良く見かけるし、自分もする。

一方で「刺激を受けました!」といっても実際に行動が変容することなんて本当にわずかです。

だからこそ、「刺激を受けた」と感じたのであれば、その刺激にしたがって何か行動を起こしてみると、良いことが起きます。

引用元:http://now-or-never.jp/

心が痛い言葉です。

刺激行動に、なかなかならないんですよね。

私の場合、アントレプレナー・イノベーションキャンプという素晴らしいものに参加できたのに、少なくとも約1年間は、結果として行動が変わりませんでした。

でも、最近はそんな自分の殻を破るべく、行動していますが。

先ほどの記事ですが、たいていの人が「ふーん」と流し読みして終わりにすると思いますが、この記事が良記事たる所以はこの先にありますので、ぜひ続きを読んでください。

キュレーションレターの配信

この記事の著者は、新人の頃にこんなことをやっていたそうです。

3年前、入社一年目のぼくが配属初日からはじめた『日刊創一朗』という取り組みがあります。

学生時代から情報収集は得意だったので、自分の得意なことで少しでも組織・会社に貢献しよう!と思い、

業界のニュースを7〜10本ほどまとめた『日刊創一朗』というキュレーションレターを毎朝欠かさずに、一年配信し続けたのです。

引用元:http://now-or-never.jp/

これはナイスアイディア。

かつ、著者が実行していたことは極めてシンプルでした。

通勤時間に

・日経新聞電子版

・(今はなき)Googleリーダー

でひたすらニュースや気に入っているブログの記事を読み漁り、「これは」と思ったニュースをまとめて、記事のテキストをベタ張りして配信するだけ。

たったこれだけです。まさに通勤時間の30分でできることなのです。

引用元:http://now-or-never.jp/

いかかでしょうか。

毎日とは言わずとも毎週ならできそうじゃないですか?

この記事の良いところは、経験を踏まえた、取り組みやすい具体例が示されていることです。

「何かをやらなきゃいけないんだけど、何をやればいいのかわからない」という人におすすめです。

Weekly HEROCY(仮)配信決定!

というわけで、このブログでも配信します。

毎日は厳しいから毎週で。

今週末あたりから「Weekly HEROCY(仮)」なるものを配信します。

読んでくれたら嬉しいです。

体裁とか内容とか全然決まってないけど、その辺はなんとかうまくやっていきたいと思います。

とまぁこんな感じで、刺激を受けたので実際に行動変容させてみました。

この記事を読んで「刺激を受けた」人は、ぜひやってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする