Googleタグマネージャの始め方

ブログ運営

アクセス解析ツールのひとつである「Googleタグマネージャ」の始め方について、スクリーンショットをまじえながら解説しました。

Googleアナリティクスの始め方やトラッキングIDの取得方法の記事もありますので、わからない場合は参考にしてください。

関連記事:Googleアナリティクスの始め方

【Googleタグマネージャとは?】
Googleが提供するアクセス解析ツールのひとつ。様々なサービスのタグを一元管理できるツール。無料で利用できる。収益化を目指すブログやアフィリエイトサイトを運営する人には必須のツール。

Googleタグマネージャの始め方

(1)Googleタグマネージャにアクセスします。

(2)「無料登録」をクリックします。

(3)「アカウント名」に任意の名前を入力します(会社名やサービス名など)。

(4)「国」は「日本」を選択します。

(5)「続行」をクリックします。

(6)「コンテナ名」に任意の名前を入力します(ウェブサイトの名前など)。

(7)「コンテナの使用場所」は「ウェブ」を選択します。

(8)「作成」をクリックします。


(9)Googleタグマネージャをウェブサイトにインストールします。

【インストール方法は?】
ウェブサイトによって異なるので一概に言えませんが、WordPressを利用している場合は、「外観」の「テーマの編集」から、コードを編集することが可能です。WordPressのテーマによっては、もっと簡単にGoogleタグマネージャをインストールできる場合もあります。

(10)先ほど作成したコンテナをクリックします。

(11)「タグ」をクリックします。

(12)「新規」をクリックします。

(13)右上のボタンをクリックします。

(14)「タグタイプを選択」で「ユニバーサルアナリティクス」を選択します。

(15)「トラッキングタイプ」は「ページビュー」を選択します。

(16)「このタグでオーバーライド設定を有効にする」に✔を入れて、「トラッキングID」にGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力します。

(17)「トリガー」の中央をクリックします。

(18)「トリガーの選択」で「All Pages」を選択します。

(19)左上にある「名前のないタグ」を編集して適当な名前を入力します

(20)右上にある「保存」を選択してタグを保存します

(21)右上にある「公開」を選択します。

(22)「バージョン名」に適当な名前を入力して、右上の「公開」を選択してコンテナを公開します。

以上が、Googleタグマネージャの始め方になります。

アクセス解析は、Googleアナリティクスだけでも可能ですが、Googleタグマネージャを利用することにより、外部サイトにつながるリンクのクリックをトラッキングすることも可能になります。

ブログやアフィリエイトサイトで、アクセス解析をより詳細に行いたい人や、収益化を目指す人は、こちらもトラッキングすることをお勧めします。

設定は30分~1時間程度で可能ですので、是非参考にしてください。

関連記事:【2018年版】GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャを利用して、外部サイトにつながるリンクをトラッキングする方法