自分を客観視する時間を作る

【アイキャッチ画像】自分を客観視する時間を作ってみた
【アイキャッチ画像】自分を客観視する時間を作ってみた

出典:写真AC

自分を客観視する時間を作りました。

でも、客観視すると言っても、どうやってするのか?

実は、誰にでもできる簡単な方法があります。

それは、ブログを書くこと。

サイバーエージェントの藤田晋さんは、こんなことをつぶやいています。

「ブログを書く時間は、一日のうちでようやく自分を客観視できる大事な時間。」

その日一日を振り返ることを通じて、自分を客観的に見つめることができる。

これにより、判断の「バランス感覚」を身に付けることができるとも、藤田さんは言っています。

冷静でいられるのも、

謙虚でいられるのも、

健康に気を配ることができるのも、

自分を客観視できていなければ

バランスを取ることは難しいと思います。

敢えてバランスを崩していく時もありますが、

それも自分を客観視できてこそです。

引用元:バランス感覚|渋谷ではたらく社長のアメブロ

スポンサーリンク

個人的考察

私は大学生の時、約2年間、日記を書いていました。

確かに日記を書くときは、いろいろ思ったり、考えたりします。

そして文字に起こすことによって、それらが整理されていきます。

そして、経験・体験・思考など、すべての事柄は、文字に起こしたその瞬間から、自分から切り離されて、他人のものとなります。

ブログや日記は、その切り離された全てを記録する場所です。

読み返せば、そこには他人の経験だったり思考があります。

他人のことは客観視できます。

ブログや日記で自分を客観的に見つめるということは、こういうことではないでしょうか。

これからも、できるだけ多く自分を客観視する時間を作って、成長につなげていきます。

この記事を読んだ人におすすめの本

スポンサーリンク

シェアする

フォローする