TuneD3レビュー!3Dプリンターで作ったボビーワゴン専用トレイを磨いてみた

【TuenD3】BASICお試しキット_02
【TuenD3】BASICお試しキット_02

DMM.makeの3Dプリントサービスで作ったボビーワゴン専用トレイを、仕上げ用研磨フィルムのTuneD3で磨いてみました。

ボビーワゴン専用トレイを123D DesignとDMM.makeを使用して作ってみた

スポンサーリンク

TuneD3とは?

精密機器研磨材メーカー「Mipox 株式会社」が開発した、3Dプリント造形品の積層跡を目立たなくするための、プロ仕様仕上げ用研磨フィルムです。

今回、購入・使用したのはTuneD3/BASIC お試しキット【3枚入り】(税込¥540)。

注文してから3日程度で届きました。

作業方法

こちらに書かれていた方法を参考にしました。

ちなみに、今回は全てウェット研磨です。

作業時間は、1つのトレイで約30分。

全部で4トレイやったので、合計2時間弱かかりました。

ビフォーアフター

ザラザラからツルツル、とまではいきませんでしたが、スベスベぐらいにはなりました。

写真だとちょっとわかりにくいですね。

研磨前

研磨後

まとめ

ツルツルを目指していたので、そこに届かず残念でしたが、満足できる仕上がりにはなりました。

540円でここまでできるなら、かなり上出来かと思います。

今回はナイロン素材を研磨しましたが、ABSライクなどの他の素材だったら、ツルツルになるのか試してみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする