アドリブのスピーチを上手く行うための3つのコツ

出典:http://www.photo-ac.com/

出典:写真AC

大学時代に所属していた部活の追いコンに、OBとしてお邪魔してきました。

そこで、いきなり「OBを代表してひとこと」を振られた人の、アドリブのスピーチが素晴らしく、印象に残ったので、「どうしたら良いアドリブができるのか」について考察してみました。

スポンサーリンク

アドリブが上手い人は仕事ができる人?

超個人的な意見ですが、アドリブが上手い人は仕事ができる人だと思っています。

プレゼンもきっと上手くこなすのでしょう。

ただ勘違いして欲しくないのは、アドリブが下手な人は仕事ができない人、と言ってるわけではありません。

ひとつの目安として「アドリブが上手い→仕事ができる」という関係が成り立つのだと考えてください。

ちなみに、私はアドリブが超下手くそです。

アドリブを上手く行う3つのコツ

では、アドリブを上手く行って「こいつできるぞ……!」と相手に思わせるためにはどうすればいいのか。

アドリブが上手い人に共通する3つの点を挙げてみました。

1.着地点が決まってる

着地点とは、すなわち「言いたいことは何か?」。

アドリブを振られたら、まずこれを決めることに全力を注ぎましょう。

シンプルであればあるほど、話がまとまりやすいです。

アドリブが下手な人の特徴として、「何が言いたいのかわからない」「話があっちこっち飛ぶ」というのがあります。

これは着地点が定まっていないためです。

アドリブを任せられたら、シンプルな言葉で言い表せる着地点を決めましょう。

2.えーあー症候群にならない

プレゼンをする時もそうですが、「えー」「あー」といった間をつなぐ発声をする人がいます。

頑張って意識してやめましょう。

無言の間ができても全く問題ありません。

「無言の間は嫌だ」という人もいるかと思いますが、「えー」「あー」の方が聞いている人からしたら嫌です。

話に行き詰まったら、えーあー症候群にならず、全力で話の続きを考えましょう。

「えー」「あー」言ってるよりも、無言の方が話の続きがしっかり考えられます。

3.喋り過ぎない

アドリブで話すとしたらせいぜい5分から10分が関の山だと思います。

喋りすぎると、関係ない話も入ってきて、どんどん内容が発散していきます。

最悪なのは、着地点を見失い、喋るだけ喋って満足して、話を終わりにすること。

喋るのが好きな年配の方に多く見られる傾向です。

言いたいこと、伝えたいことは、シンプルに話しましょう。

アドリブは頭の回転を早くする

アドリブが上手い人に共通する3つの点を挙げてみました。

これら3つのコツを意識して、アドリブに臨んでみてください。

きっと今より良いスピーチができるでしょう。

それと、アドリブは頭の回転を早くする訓練にピッタリです。

話す相手や時間、その場の状況、話の流れなど、様々なことを考えて、判断する必要があります。

聴衆が多ければ、みんなの前で話すという緊張感もあります。

指名されるのを嫌がる人が多いアドリブスピーチですが、積極的に行って、自分の成長につなげていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする