社会人になってからも成長するために必要な4つのこと

[20150401]社会人になってからも成長するために必要な4つのこと_4_3

今日から社会人4年目に突入しました。

そして思ったのは、大学卒業から全然成長していない……。

確かにできる仕事はどんどん増えていますが、単にそれは経験を積んだからであって、自分自身の能力(スキル)が向上したわけではない

まぁその経験も能力の一部となっていると言えば話は違いますが、私が言いたいのは、もともとあったスキルが向上していないということです。

社会人になってからも成長するためには、どんなことをしたら良いのか……。

なるべくシンプルに考えて、まとめました。

新社会人の人には是非、読んでもらいたいです。

スポンサーリンク

他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのは恥ずかしいことだ。

角川文庫より出版されている小説「ペンギン・ハイウェイ」(著者:森見登美彦)から台詞を引用しました。

成長していないということは、すなわち「今日の自分=昨日の自分」。

時間は1日消費したのに、中身は変わっていないなんて、とてももったいない。

毎日、何かしら学んで、学習して、経験して。

「一日一日、ぼくは世界について学んで、昨日の自分よりもえらくなる。」(出典:ペンギン・ハイウェイ

1日ひとつ学べば、1年間で365個も学べます。

この小さな積み重ねがとても大切。

社会人になってからは自分から積極的にいかないと、なかなか学ぶ機会がありません。

通勤中、お昼休み、就寝前、etc。

時間を見つけて、毎日学んで、いろんなことを考えるようにしましょう。

ブログでとにかく記事を書く

ブログを書くということは、予想以上に頭を使います。

どのように書いたら読みやすいか、まとまった文章になっているか、読者に伝わるような文章になっているか、など。

様々なことを考えながらブログを書きます。

言うなれば、ブログとはひとつの記事でひとつのレポートを書く感覚。

ブログの記事を書けば書くほど、書く能力が向上します。

ブログは自分を主張する場だけではなく、自分を鍛える場でもあるのです。

知らない世界を探検する

難しいことなんてありません。

やったことないこと、行ったことない場所、出会ったことない人。

自分の知らない世界を探検して、手の届く範囲を広げましょう。

知識、経験、コミュニケーション、etc。

自分が持っている全ての力を使って、自分の可能性を広げましょう。

憂鬱なことに積極的に取り組む

憂鬱なことは、得てして自分を成長させてくれます。

憂鬱なことは辛くて苦しい。

ただ、憂鬱の先には成長がある。

楽なことだけやっていたら成長はありません。

まとめ

今日はエイプリルフールですが、この記事は嘘ではありません。

今日から新年度。

気持ちを一新して頑張っていきましょー!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする